お問い合わせ

社長メッセージ

食といのちの未来をひらく 代表取締役 岡本 康治

私たちNOSANグループは、1931年に「畜産飼料事業」を始めて以来、2031年には100年という歴史を刻みます。この間、常に“食の安全と安心”“技術と品質”にこだわり続け、「水産飼料事業」、「馬用飼料事業」、“ヨード卵・光”に代表される「鶏卵事業」、「ペットフード事業」へと事業を展開してきました。

私たちがこれら事業に共通して大切にしている念い(おもい)は、「いのちの営みを通じて、人々の健康と幸せに貢献します」という社会的使命です。日本の“食”にもグローバル化の波が押し寄せていますが、私たちはこの念い(おもい)をもって、国産の安全・安心・高品質を提供しつつ、これからも皆さまに求められる企業として持続的な成長を続けてまいります。

代表取締役 岡本 康治

ページの先頭へ戻る