お問い合わせ

コラム[食品事業編]

たまごの色の違いってなぁ~に?

スーパーなどで卵を買おうとすると、白い卵と、茶色い卵がありますよね。両者はどのように違うか知っていますか?実は、親鶏の種類(品種)が関係しているんです。一般的には白い卵は白い羽の親鶏(白色レグホン系)が産み、茶色の卵は茶色い羽の親鶏(ロードアイランドレッド、ボリスブラウンなど)が産みます。しかし最近では、品種改良によって必ずしも羽の色と卵の色が同一とは限らなくなってきました。ちなみに、卵の殻の色が違っても、栄養価に違いはありません。

ヨード卵・光で作る『Funwariスポンジケーキ』

ヨード卵・光を使ってスポンジケーキを焼いてみると…あら不思議!!『ふわっ!』としているのに『しっとり!』とした食感に。その秘密は、ヨード卵で作った生地は泡立ちが良く、ふんわり膨らみ、球状の気泡が連続していて、きれいに整列し、壁面の亀裂が少なく焼き上がるからなんです。だから食べた時に『ふわっ!』&『しっとり!』とした食感を楽しめるんですね。

ヨード卵の生地は、良く膨らみ、球状の気泡が連続し、細かな穴が整列し、壁面の亀裂が少ない。また、官能検査でも良好な評価を得ました。

ジャムロールのレシピ

材料・分量(6人分)
  • ヨード卵・光 3個
  • グラニュー糖 60g
  • 薄力粉 80g
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 牛乳 大さじ1
  • イチゴジャム
    (電子レンジで1分ほど加熱し柔らかくする) 大さじ5~6
<シロップ>
  • 砂糖 大さじ2
  • 水 大さじ2
  • リキュール 小さじ2
作り方
  1. 大きめのボールにヨード卵を割りほぐし、一度にグラニュー糖を加えさらに混ぜる。
  2. 1を湯煎にかけ、もったりするまでハンドミキサーで混ぜる。すくって字を書いて沈まないようになり、生地が人肌に温まったら湯煎からはずす。
  3. 2に常温にした牛乳を加えさっと混ぜ、ふるった粉を2~3度に分けてふるい入れ、さっくり混ぜる。
  4. 天板にオーブンシートをしき、3を流し、180度に予熱したオーブンで12~15分、表面がキツネ色になるまで焼く。
  5. 4を取り出し、上にもう一枚天板でふたをして蒸らし、そのまま冷ます。
  6. 5のスポンジ生地の手前に3箇所ナイフで横に切れ目を入れ、シロップをうつ。まんべんなくジャムを塗ったら端を内側に巻きそのまま一気に巻く。好みの大きさに切り分け、ホイップクリームと共にいただく。
ページの先頭へ戻る